おやつと猫と、そして本
by suirenndou
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第12回 天神さんで一箱古本市


好天に恵まれ
無事終了いたしました
ありがとうございました




10月20日(日)東谷ズム一箱古本市
a0236063_1285069.jpg

enbokの一箱古本市@東谷ズム
10月20日(日)10:00~16:00
川西市郷土館
〒666-0107 川西市下財町4番1号
能勢電鉄山下駅下車・徒歩12分

enbokは、天神さんで一箱古本市で出会った本好きな二人が、
本で遊ぶイベントを兵庫・京都近郊で計画・主催するユニット。
enbok Hさんは、一箱屋号をスノタカラ、そしてあるときは書店員であり、
ボタンアクセサリー作りの人でもあり、デザイナーでもある。
enbok Nさんは、一箱屋号をcross*、本を旅させるbookcrossing活動をされている。

うどんやさんの2階に続き、
今回は、川西市の東谷ズム(ヒガシタニズム)での一箱古本市。
東谷ズム。一言で言い表せないです。
開催場所からして広くて、素敵な建物があって、
近隣のかわいいものやおいしいものが集まる「里山マルシェ」
アートが集まる「NOMAMISE」の他、講談、浄瑠璃、ライブ等
盛りだくさんのイベントです。
「こりゃとても一日で、まわりきれないね」な様子。
詳しくは、東谷ズムHPで→こちら

一箱古本市では、
ワークショップも同時開催
COZYFACTORY×enbok
ふくろうのブックエンドをつくろう!!

enbok readers cafe
自分のアンテナを試してみる
というおもしろい試みも。
「一箱古本市開店と同時に15分間で本を選び、
その本について話しましょう。」


川西市
「能勢電」と聞くだけで、遠い。遠足。キャンプ。
と思ってしまいがちな京都府民。
いやいや、大阪・梅田から30分圏内。
ということは、長岡天神から十三乗換えで、1時間以内です。
意外に近い!
郷土館というのが、またとても素晴らしい建築物です。
この機会にどうぞ、出かけてみてはいかがでしょう?

訂正
enbokさんより
「会場の川西市郷土館、梅田から1時間かかるんです!
川西能勢口駅からさらに30分。。。遠い所ですが、よければ遊びに来て下さいね♡」
と訂正が入りました。
電車の所要時間しか調べていませんでした。
応援のあまりの勇み足。申し訳ございません。

川西市郷土館は、銅の製錬を業としていた旧平安家住宅を利用して、
昭和63年(1988年)11月に開館。
ついで平成2年11月には、川西市内の小戸地区にあった洋館の旧平賀家住宅を移築復元。
平成7年11月には、青木・平通両画伯記念館として、ミューゼレスポアールをオープン。
同時に旧平安家住宅において、一色八郎氏のコレクションである箸の展示室を
鉱山資料展示室とともに公開。
平成22年2月には、平通画伯のアトリエを再現したアトリエ平通をオープン。
 旧平安家住宅と旧平賀家住宅は、国登録有形文化財(建造物)に登録。
旧平安家住宅は兵庫県景観形成重要建造物に指定され、
旧平賀家住宅はひょうご近代住宅100選に選ばれている。

[PR]
by suirenndou | 2013-10-18 12:07 | 一箱古本市 | Comments(0)
<< ゆかり文庫蔵書6 東京編 jazz live@天神さんか... >>


カテゴリ
最新の記事
ブログパーツ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル