おやつと猫と、そして本
by suirenndou
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第13回 天神さんで一箱古本市


終了いたしました



天気の悪いなかお越しいただいたみなさま
ありがとうございます

杜のBookフェス・一箱古本市@三島を終えて
杜のBookフェス~一箱古本市、たのしく終了しました。
会場は昨年11月にできたばかりの大社の杜は、
三島・静岡をコンセプトにセレクトされたお店とオープンスペースからなるすてきなところでした。
と、とっても感激している私ですが、
行くまでどんな形態の場所なんだか全然わかっていませんでした。
HPを見れば一目瞭然ですのに。
a0236063_016920.jpg

一箱古本市&ビブリオバトルは、お日様がさんさんと(時にじりじりと)降り注ぐテラスで。
小学生店長さんが4店。大学生のお店も。
どうみても榊翆簾堂最年長。
いわゆる古本ものとよばれるような、古本猛者、一箱常連さんの姿はなし。
一箱組と離れた正面入口には、スペシャルゲストの放浪書房トミーさんのお店。
4年ぶりの静岡、今年初売りと張り切ってコアキーナも4台並んで。
「旅に出たくなる本97パーセント」
「探している本が見つかる確率3パーセント」
と書かれた旗がひらめいていました。
“旅する本屋”名物の口上を聞かなかったのは悔やまれます。

お客様は、赤ちゃんを連れたファミリーから
「もう本はいいわ。家の片付けしてるのよ」とおっしゃる大先輩世代まで。
陽気と三島大社の桜に誘われて、午後になるにつれ大賑わい。
先々週出店したばかりの西荻窪、天神一箱本拠地=長岡天神、東京、銀座、新橋
よもやそんなピンポイントな土地話ができようとは、思ういもよらず。
やけに京都関連の本が多い当店ラインナップに、もれなく注目いただき天神一箱の宣伝もいっぱい。
来週に迫ったみどりの古本市@咲くやこの花館も、もちろん宣伝。

まだ早い時間に、武藤画伯作「榊翆簾堂色紙看板」をみつけてくださったのは、
M文庫さんご夫妻!!!いきなり感激。
だって、すいれん&番頭がはじめてのしのばず助っ人のときの店主さんで、
まさにその会場で、看板色紙は誕生したのです!
「ご縁」という文字がふわ~とまわりを包むのでありました。
みなみなさま、どうもありがとうございました。
a0236063_017487.jpg

大社の杜のギャラリー、飲食店、雑貨店にも出たり入ったり。
二人店主なので、こんなときは便利。
ステーキ丼をお昼に食べ、喉が渇けば急須で入れた緑茶で喉を潤し、
帰りには三島大社の桜の下を通り、お礼のお参りもして、二人で祝宴。
よきかなよきかな。
a0236063_019776.jpg

[PR]
by suirenndou | 2014-03-30 18:55 | 一箱古本市 | Comments(2)
Commented by masubon at 2014-04-02 19:07 x
こんにちは。
お邪魔したもす文庫です。一日お疲れ様でした!
すてきな本をありがとうございました。また近いうちに会えますように。
Commented by suirenndou at 2014-04-04 12:25
こんにちは!
29日に続き、うれしいコメントありがとうございます。
あの時お話した静岡でのBOOKイベントは、古民家鈴木邸にて古本市『探書会』4月12・13日のことです。
この日は、靜岡縣護國神社」にて年2回開催されるARTS&CRAFT手創り市もあるので、楽しみな週末ですね。
こうして遊んでいるうちに、すぐしのばずもやってきます。
では、またまたちかいうちに♪

   榊翆簾堂
<< 【大阪】JUNKな花子百貨店+... 3月29日(土) 静岡 三島 ... >>


カテゴリ
最新の記事
ブログパーツ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル