おやつと猫と、そして本
by suirenndou
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

第13回 天神さんで一箱古本市

2017年11月18日(土)
10:00~16:00

京都・長岡天満宮参道

雨天会場 開田自治会館

満箱御礼!!
ありがとうございます

小田原ブックマーケット
a0236063_1051138.gif

第2回小田原ブックマーケット
 日時: 6月29日(日)11:00から夕刻
 場所: まちなか会場・緑公民館会場・旧三福 合計34組

【まちなか会場】
本・アクセサリー・アートグッズ・アンティーク・手芸・器・生活道具
そして、カフェ、まちなかのお店に1日だけの小さな本屋さんが開店します。
どのお店も楽しく美しい生活を提案する素敵な場所です。

【緑公民館会場】小田原市栄町2-12-16
商店街の中にある公民館に、19組の本好き店主による個性的なお店が並びます。

【特別企画】
椰月美智子書店 with 伊勢治書店
books moblo × 三福文庫の Good Life ZINE

【旧三福会場】小田原市栄町3-12-8
本の森で遭難しかけたあなたの避難小屋。
小田原の外遊びを提案するハミダスツーリズムがアウトドアカフェをオープンします。
アウトドア本と地図とおいしいお茶とお菓子でお待ちしてます。

a0236063_1142911.gif
大きな地図 →こちら



もう2回目なのね。
あれ?番頭は小田原ブックマーケットのこと知っていたのかな?
昨夜「これ知ってる?」と聞いてきた本が、「消えてなくなっても」椰月美智子著だった。
帯が萩尾望都で表紙がマンガっぽくて、おんなのこな本買ったのね。と思った。
わたしより昔の少女マンガに詳しい番頭であるから、なんの不思議もない。

小田原といえば、城より、提灯より、外郎より、まず「あじわい回転寿司 禅」
多くの方がコーフン気味に語られていますので、検索してみてください。
「小田原どん」という、店ごとに工夫を凝らした御当地丼も楽しめます。
[PR]
by suirenndou | 2014-06-25 08:00 | 一箱古本市 | Comments(0)
<< 七夕ブックマルシェ@押上・一軒... Sendai Book Market >>


カテゴリ
最新の記事
ブログパーツ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル