おやつと猫と、そして本
by suirenndou
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

第13回 天神さんで一箱古本市


終了いたしました



天気の悪いなかお越しいただいたみなさま
ありがとうございます

水かけ菜、富士山盛りで。
a0236063_15195744.jpg

「水かけ菜ってなんですか?」
京都からやって来た女は尋ねました。
京菜とも呼ばれるミズナとはちがうのだろうか?
それは冬の寒さきびしき富士山周辺の土地で、
凍らないように、畝と畝の間に水を流しながら栽培する菜っ葉。
アブラ菜科なのは、ミズナも水かけ菜もおなじ。

太い茎が美味しい。
この時期、御殿場のあちこちで「水かけ菜漬」を、見かける。
団子屋さんのショーケース、桜餅の隣に並んでいたのを目にしたときは、流石に驚いた。
地元の人たちの間では、生やら漬物やら葉っぱが行き交っているらしい。
まるで、長岡京辺りの筍のように。

御殿場初心者だった頃は、塩漬けをスーパーで買っていたけど、
年季も入って漬物から一歩進み、
昨夜は、生の水かけ菜を長いままあご出汁の中でしゃぶしゃぶと。
茎はしゃきしゃき、葉は出汁をまとって大層美味でした。
翌朝、さっと蒸炒めてサンドイッチに。

残念ながら、これを味わえるのは今だけ。
古本市の頃には、黄色い花も終り、刈られています。
水かけ菜畑は、水田に。
a0236063_15200080.jpg
 


                                 Msan arigatou------!
[PR]
by suirenndou | 2016-03-13 10:19 | ごはん | Comments(0)
<< 第10回天神さんで一箱古本市 ... 詩集を読んだことはありますか? >>


カテゴリ
最新の記事
ブログパーツ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル