おやつと猫と、そして本
by suirenndou
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第13回 天神さんで一箱古本市


終了いたしました



天気の悪いなかお越しいただいたみなさま
ありがとうございます

書肆鯖さんからのご挨拶
書肆鯖です。

屋号の由来は、魚好きというワケでも鯖好きというワケでもなく、「Subbacultcha」という単語からなのですが(なんでその単語なのか、という点においてはYoutubeのリンク書いておくのでお暇な方はどーぞ:https://youtu.be/G9npe94qQFE)、

Pixies→Subbacultcha→Books Subbacultcha→書肆鯖

という変遷も何やら成長魚の様で感慨深いじゃあありませんか。ぶかくないですか?そーですか。

自分の郷里は、日本中の地方都市で見られる動きかとは思うのですが、物心ついた頃にはチェーン店じみた町の古本屋的なものは全て潰れ、どころかその跡地に某全国新古書チェーン店すら来ない、スーパー併設の新刊書店がギリギリ残る程度の地方都市・町でございました。
そんな町で育ったワタクシは、特に古本的なものに掠ることなく、青春時代をロック的なもの・オタク的なもので埋め尽くされ、親のお下がり的な本達にギリギリ囲まれ、という有様で、上記「チェーン店じみた町の古本屋」的な店に通う様になったのが、遅まきながら高校生から、でした。
自分で見つけた、古本屋っぽい古本屋に、自分で稼いだ金を注ぎ込んだりし始めたのが大学生、
そして、自分の片付ける能力が圧倒的に足らないことを痛感したのも大学生、頃でした。

売らねば。

と思って近所の某全国新古書チェーン店持って行く、チャリンチャリン、あれ、あんなに定価がした本がこの通り。虚しさ。と小銭。あれあれ。

よって、次に目星を付けたのが、住居近くで執り行われた「モノノケ市」だったのですが、まぁ本当にフリマやらに参加したこと等も無く、おっかなびっくりで漫画やら妖怪の本やらを持って行って売ったのですが、その時私を手伝ってくれたのが、今私の横に居る家内で御座います。本当にありがとうございます。

…天神さんですね。
遠回りしましたが、古本文化に触れ始め、自分でも売ってみたいと感じていたところ上手いこと噛み合ってヒトハコデビューをさせて頂いたのが、こちらの「天神さん」というワケなのです。第1回。まぁなんてぇことでございやしょう。時は過ぎ、早くも遅くも既に開催12回目、とくらぁ。

榊ご夫妻にその後も度々お世話になるのは言うに及ばず、
働きながらも各地の一箱へ果敢に出店されていく姿に憧れを憶えた古本よあけさん、当時カフェをされていてヘッポコライブ等やらせてもらったスダカラ堂さん、最近出されていた「幻獣レターセット」がツボ過ぎて大量購入を考えているbook(zakka)3355さん、持って来られてた『惑星P-13の秘密』の表紙が印象的で高橋源一郎を読み始めるきっかけになった古書柳さん、直接関わらなかったものののちのち気になり最終的には京都での「恐怖奇形人間」上映会に呼んでもらうこととなるちのり文庫さん、同じ会社で働いたのちに運命的な再開を果たして家に泊めてもらったりしたぽんぽんぽんさん。
あ、今回初参加のGOHAN BOOKSの二人は大学生の時から仲良くしてくれている後輩です
と、溢れんばかりの思い出の詰まった一箱古本市、いや持って行くの一箱では無いんですけども、なんというか物量的なヒトハコだけではないのですよ私がお持ちしようという本は。そんなヒトハコへの参加、非常に感慨深いのです。感慨深いじゃありませんか。ぶかいでしょう?ね?

長々と書いて誰が読むのか知りませんが、
知らざあ行って聞かせやしょう。

天神さんに参加出来るのが嬉しいのです。

です。以上です。

あ、えーっとせっかく行くので、個人的にお気に入りの怖い絵本を、一時間半置きに一回ぐらい絶叫読み聞かせをしようと思います。
題して「黄泉聞かせの怪」。
上記思い出の人々より書き漏らしてしまいましたが、別のヒトハコで出会って気さくに話し掛けてくだすった駄々猫さんのアイデアによる「サバ缶」を持って行きますので、お気持ち入れてやっておくんなまし。たくさんお気持ちが入ると良いな。

当時の、つってもまだたったの6年前なのですが、当時参加したあとに書いたらしい(大したこと書いてない)ブログ記事を発見したので、こちらもお暇な方はどーぞ。
憧れのヒトハコ『天神さんで一箱古本市』(http://muu-diary.blogspot.com/2011/11/blog-post_16.html)

あっ、とごめんなさい。もう二個ほど告知。
現在、ネット古書店をやっております。書肆鯖:http://subbacultcha.shop-pro.jp/
と新潟にて実店舗を。こちら6月からオープンなので、天神さんの参加は中々にギリギリ感あります!古本もやい:https://furuhonmoyai.wixsite.com/moyai

…全然以上じゃなかったですね。異常でした。失礼しました。

[PR]
by suirenndou | 2017-05-21 23:37 | 一箱古本市 | Comments(0)
<< 第12回天神さんで一箱古本市の... 怖くて臭くてエロくてポップでニ... >>


カテゴリ
最新の記事
ブログパーツ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル