おやつと猫と、そして本
by suirenndou
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

第13回 天神さんで一箱古本市


終了いたしました



天気の悪いなかお越しいただいたみなさま
ありがとうございます

カテゴリ:ごはん( 7 )
小田原ブックマーケット
第4回小田原ブックマーケット
2017年6月17日

a0236063_14191544.jpg
遅いお昼を食べた後、
暑さと疲れがどっと出た
「コーヒー飲みたいねぇ」
お濠のそばにとてもながめのよいデザートのお店があるみたいとのこと
そこはこの素敵な珈琲店の2階だったらしい
2階には上がらず、このちいさなちいさな店の客となった
濃いコーヒーは、きりりとおいしく
店主さんの話は、とてもおもしろかった

あとから聞いたところによると、小田原の論客が集うところだと
そう教えてくれた人は、入ったことがまだないんだって

コーヒーとよい眺めと楽しい会話で復活後、もうひとまわり
古本市会場へ戻る

a0236063_14192259.jpg
海辺の町小田原に来て、うまい肴で一杯やらずに帰れない番頭
それならと、古本めぐりをしながら目星をつけていたところへ行ってみよう
こういうときの冴えは、我ながら驚く
今宵も大当たり
魚も酒も、器もいい
a0236063_14192416.jpg
カマ焼きの立派なこと
切り身3つ分くらいあった

a0236063_14192797.jpg
小ぶりの茶碗で、〆の中華そば
よいお出汁


a0236063_14193082.jpg
こんなに堪能して、まだ暮れきっていない初夏の宵

本の話はこれっぽっちも出てこない
小田原ブックマーケットたべもの記
おしまい


[PR]
by suirenndou | 2017-06-24 14:13 | ごはん | Comments(0)
姫路あれこれ その2
夜の部
a0236063_07244274.jpg

a0236063_14441891.jpg

なにはともあれ、姫路での一杯には「ひねぽん」
淡路島のたまねぎのおいしいこと
a0236063_14442134.jpg

これまた姫路名物、生姜醤油かけのおでん
a0236063_14442443.jpg

おでんおかわり
a0236063_14442707.jpg

お目汚し失礼いたします
「まつば」いただきました

[PR]
by suirenndou | 2017-06-14 14:33 | ごはん | Comments(0)
水かけ菜、富士山盛りで。
a0236063_15195744.jpg

「水かけ菜ってなんですか?」
京都からやって来た女は尋ねました。
京菜とも呼ばれるミズナとはちがうのだろうか?
それは冬の寒さきびしき富士山周辺の土地で、
凍らないように、畝と畝の間に水を流しながら栽培する菜っ葉。
アブラ菜科なのは、ミズナも水かけ菜もおなじ。

太い茎が美味しい。
この時期、御殿場のあちこちで「水かけ菜漬」を、見かける。
団子屋さんのショーケース、桜餅の隣に並んでいたのを目にしたときは、流石に驚いた。
地元の人たちの間では、生やら漬物やら葉っぱが行き交っているらしい。
まるで、長岡京辺りの筍のように。

御殿場初心者だった頃は、塩漬けをスーパーで買っていたけど、
年季も入って漬物から一歩進み、
昨夜は、生の水かけ菜を長いままあご出汁の中でしゃぶしゃぶと。
茎はしゃきしゃき、葉は出汁をまとって大層美味でした。
翌朝、さっと蒸炒めてサンドイッチに。

残念ながら、これを味わえるのは今だけ。
古本市の頃には、黄色い花も終り、刈られています。
水かけ菜畑は、水田に。
a0236063_15200080.jpg
 


                                 Msan arigatou------!
[PR]
by suirenndou | 2016-03-13 10:19 | ごはん | Comments(0)
夏野菜
a0236063_11364982.gif

朝採れ、つやつやぱんぱんとげとげ。
地元農家産。
まずは、直球冷やしトマトと味噌きゅうり
とうもろこしご飯蒸しとうもろこし焼きとうもろこしモロヘイヤスープモロヘイヤとにんにくベーコン炒め
焼きなすしょうが醤油三度豆となすの蠣油味噌炒めきゅうりと新生姜浅漬けほか
出張と出かけで家を空けることを忘れて買ってしまったので
二日で全部食べた。
胃拡張増幅。
a0236063_11482592.gif

辛味の効いたピクルス

[PR]
by suirenndou | 2015-07-31 11:37 | ごはん | Comments(0)
こんなのいかがでしょう?
a0236063_1826395.jpg

和牛100%アボカド食パンバーガー
ひき肉ではなく、包丁で荒く刻んだ牛肉のみ。
つなぎなしの直球勝負。
真っ黒になるほど挽いた黒胡椒が効かないほど、
クリーミィーなアボカド&チーズ。

おやつと猫と、そして本
のはずが、「本」ばかりなので
時々おやつも混ぜましょう。

あ、これはおやつではありません。
ごはんです。
「こんなのおやつに食べてるから・・・」
と、思った?


[PR]
by suirenndou | 2013-02-24 08:01 | ごはん | Comments(0)
おいしかったたのしかった
a0236063_19473318.jpg
地元で採れる珍しい野菜のバーニャカウダ風。
酒のみ必須の鱒の肝燻製。
地元豆腐店の奴に鶏味噌のせ。
そのほかいろいろ。
〆に澄んだ鶏スープのラーメンが出る焼き鳥屋さん。
もうちっと食べたりないときは、焼きおにぎり鶏味噌のせを
麺を食べたラーメンスープにIN!
言うことない。


ああ、御殿場に帰りたいっっっ!
a0236063_202562.jpg




たのしい本のイベントはこちらです
2/14ブクブク交換会
@長岡京・カフェグランパ

[PR]
by suirenndou | 2012-01-27 20:03 | ごはん | Comments(0)
ローメン
a0236063_16135699.jpg

伊那名物である。
7年ほど前になるだろうか?
高速バスの窓から、「ローメン」なる文字を見たのは。
「老麺」なら知らぬでもないが、カタカナローメン。なんだろう?

ずいぶんかかったが、やっと食べることができた。
しかも、ローメン発祥の店・萬里で。
なのに、ワイルドな肉が得意でない店主。
あろうことか、それこそ真髄ともいえるマトン→豚に変更してもらう。
ことわっておくが、「わがまま」ではなく、豚版もあるのだ、ちゃんと。
(写真は、ホンモノのマトン版=こだわりの男・番頭オーダー)

蕃里のは、ソースが勝った醤油ベースのスープに入ったマトン×キャベツ入り焼きそばと、感じた。
全然スープのない焼きそば風もあるようだ。
同じ名前なのに、スープありとなし。
全然違うような気もするが。
それぞれ好みの味を求めて食べればよいのである。

未食ながら、
ラーメンスープ(そばつゆも?)にソース焼きそばをINしちゃう「黒石やきそば」を思い出した。
[PR]
by suirenndou | 2011-09-10 16:07 | ごはん | Comments(0)


カテゴリ
最新の記事
ブログパーツ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル