おやつと猫と、そして本
by suirenndou

第12回 天神さんで一箱古本市


2015年 5月27日(土)
  10:00~16:00
京都・長岡天満宮境内

雨天会場 開田自治会館



<   2013年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧
ゆかり文庫、これで100冊
a0236063_10585929.gif

おおきなテーブルの上に、100冊並べてみました。
まだあります。
今日もまだ届く予定で、取りにもうかがいます。
「30冊集まるかな?」
「それくらい集まるといいね。」
(いや、いくら一箱古本市でも、それじゃ少ないでしょ。)
と、始めたゆかり文庫が、心配もよそにどんどんふくれてまいりまして、
あろうことか、主催者自らルール無用の「二箱古本市」になりそうです。

だって、これは本を選んでくださったみなさまの気持ちなのです。
ストックとしてしまっておくわけにはまいりません。
全部出します。
(ああ、どんなにこっそりしまっておきたいことでしょう)
それぞれについた帯も必見です。
朝10時スタートです!!!

店主のゆかりちゃんは、繊細な女の子です。
あんまり本は読みません。
難しいことを質問しないでくださいね。
いや、簡単なことがお答えできないと
ますます凹みますので、とにかく古本者の方々おてやわらかに。
紳士・淑女のふるまいで、お願いいたします。
ちょっと、はにかみながらみなさまのお越しをお待ちしております。


長岡京をずんずん北に行ったお寺では、激しい争奪戦が繰り広げられているようです。
秋の古本まつり ~古本供養と青空古本市~
 平成25年10月31日(木)~11月4日(月・振休)
 午前10時~午後5時 (初日は古本供養終了後)
 百萬遍知恩寺・境内


[PR]
by suirenndou | 2013-10-31 11:17 | 一箱古本市 | Comments(2)
活版印刷・りてん堂出店
a0236063_14434887.gif
京都・一乗寺に工房を構える活版印刷「りてん堂」さんが、
天神さんからおでかけ一箱古本市に
特別出店してくださいます。

先日行われた、糺の森ワンダーランドで出会って、
すぐそういう運びになりました。
すごいノリのよさに、びっくり。

さらに驚いたことには、
天神一箱古本市名物りんご市のりんごを育ててらっしゃる
善積さんとは、同級生という御関係。
思えば、善積さんとの出会いも忘れられない偶然の賜物。
狭い世界でぐるぐるしているだけなのかな?
ま、ここでは深く掘り下げないでおきましょう。


「閏」コラボレーションポストカード

花*花のこじまいづみさんの2ndソロアルバム
「閏」(うるう)のリリース記念として
こじまいづみさんとりてん堂で作ったコラボレーショングッズです。

アルバムの中の歌詞の一部を活版で印刷しました。
こじまいずみさんの素敵なメッセージが温もりある活版印刷で表現されています。
4枚セット500円です。

その他にオリジナルポストカードなど販売します。

活字スタンプ体験も!
活字を持って行きます。
活字をはんこのように一文字一文字押して、カードをつくります。

グラフィックデザイン工房
 りてん堂HP →こちら
〒606-8115 京都市左京区一乗寺里ノ西町95
r.retendo@gmail.com
fax/tel 075-202-9701
定休日:日・祝日+不定休
    営業時間:10時~18時
※臨時的に不在にする場合があります。
 事前にご確認ください。

[PR]
by suirenndou | 2013-10-30 14:21 | 一箱古本市 | Comments(0)
ゆかり文庫 モトハドナタノホン?
ゆかり文庫は、
榊翆簾堂がお世話になっている古書店主さん、カフェ店主さんなど
様々な方々のよりすぐりの蔵書を集めて作った特別な一箱です。
しかも自筆の帯つき

※通信販売は行っておりません・順不同敬称略


〔京都〕 
古書善行堂・ありの文庫・恵文社一乗寺店長・レティシア書房
古書ダンデライオン・マヤルカ古書店・古書思いの外・opantoc
ぺるデュ書店・OKABAR文庫・(株)ひつまぶし・子子子家本店
古書コショコショ・KARAIMO BOOKS・雨林舎・食堂suffle
メリーゴーランド京都店・りいぶる とふん・月と六ペンス
nowaki・UNITE・HiFi cafe・100000t加地さん・少女十字社
コトバヨネット・cafe Koba姉妹・antiquus days・パルナ書房

〔大阪〕
本は人生のおやつです!!・FOLK old book store
居留守文庫・みらい古書成仏堂

〔神戸〕
トンカ書店・ポレポレ書舗・古本屋ワールドエンズガーデン
エメラルドブックス・fabulous old book・honeycombbooks


〔奈良〕
ぼちぼち堂

〔東京〕
コクテイル書房・古書音羽館・盛林堂書房・むと屋・旅猫雑貨店
黒猫リベラルタン文庫・古書マスク堂・甘夏書店・古本石英書房
旅する本屋 放浪書房・駄々猫舎・ガーネット骨董書店

〔神奈川〕
μτ

〔富山〕
上関文庫・ピストン藤井隊長!

〔石川〕
オヨヨ書林

〔岐阜〕
徒然舎

〔長野〕
善積農園

〔長崎〕
眼銀珈琲店

〔千葉〕
あまやかん

もう少し増えるかな。
a0236063_10395393.gif

                       ある本のカバー・内側

追記:10月29・31日
    11月1日
[PR]
by suirenndou | 2013-10-27 10:33 | 一箱古本市 | Comments(0)
第5回天神さんからおでかけ古本市の店主さん 後編
(本)ぽんぽんぽん http://www.facebook.com/ponponponbooks
  ビンテージ雑誌、絶版古書、あの頃のDesign、Art、写真集、サブカル、乙女などなど
  少しマニアックで偏った品揃えかもしれません。
  ノスタルジックさにドキドキわくわく、時にはおセンチ。
  まだまだ産まれたての古本屋ですがよろしくどうぞ。おぎゃー。

ちのり文庫   http://www.chinoribunko.com/
  怪談、心霊などのオカルト本を中心とした、 “あなたの知らない” 一箱を持っていきます

Penelope Books ぺネロープブックス http://mariarica.exblog.jp/
  食とぴんと来る絵本です。
  古本屋さんでアルバイトするのが夢でした。夢かない日々楽しく店番を
  していましたが、本屋さんの閉店にともないアルバイトもお終い。
  途方にくれつつも模索中。古書店修業をはじめたばかり。
  一箱の自分の本をたずさえ古本の世界をのぞき見させていただければと
  応募させていただきました。よろしくお願いします。

みどり文庫  http://kturezure.exblog.jp/
  今回は気合いを入れて、固めの本と絵本を厳選して持って行きたいと思います。

けんじどう  
  いつも通り、和田誠さんの本のほか、今回は文学、ミステリーを用意します。

ヨゾラ舎  
  古本、中古音楽ソフトの販売業を目論む、怪しすぎる店?です。
  今回はAnother Side of YOZORA-SHAと言うことで、
  エッセイ、食関係本、猫本など割と真っ当な本?を中心に持っていきます。
  心配御無用(何の?)、気軽にご覧下さいませ。

Toaruantonio トアルアントニオ
  今まで本をほとんど読まなかったんですが、個々最近、急に本をもりもり読むようになりました。
  そんなもりもり読んだ本を持っていこうと思います。
  ただ、最近は読むのが追いついてませんので、読もうと思っている本も持っていこうかと・・・。
  さらっと読める感じの本や、ちょっと読んでみたいなと思った本なので、
  ふだん本を読まない方もふらりと楽しんでもらえるんじゃないかなぁと思います。

ブックスダカラ   http://sunotakara.jimdo.com/
  デザイン、文学、エトセトラ。
  毎回一箱古本市に出る度発行しているZine。今回は音楽特集です。

書店おかわり   
  はじめまして、書店おかわりと申します。
  いくつかイベントで古本屋としてやらせてもらっていますが、
  今回もほとんど小説と詩集で参加します。
  それと、手作りのしおりを販売させていただきます。
  手に取るだけでもいいので一度ごらん下さいませ。
  気のいいやつなので、仲良くしてやってくださいますよう、よろしくお願いします。

ヒトノホン
  今回もゆるゆる選書中。
  二階の本屋ものぞいてみてね。
  http://keibunshabambio.hatenablog.jp/entry/2013/09/15/161602

Libretto リブレット
  芸術と食欲の秋?

ゆかり文庫
  天神さんで一箱古本市が5回目を迎え、
  はじめておでかけすることを記念した特別な一箱です。
  天神一箱・榊翠簾堂にゆかりのある方々お勧めの本に
  自筆の帯をつけて箱に入れていただきます。
  そして、お店番は
  天神一箱を一回目から支える助っ人ゆかりちゃん
  縁ある方々の本を、ゆかりちゃんが面倒見る「ゆかり文庫」
  どうぞよろしくお願い申し上げます。


追記 10月30日
[PR]
by suirenndou | 2013-10-25 21:26 | 一箱古本市 | Comments(0)
第5回天神さんからおでかけ古本市の店主さん 前編
狂言屋 きょうげんや http://kyougenya.exblog.jp/
   昭和の笑い、サブカルチャー、もちろん音楽も
   と、思っていますが、どうなりますやら

ら・むだ書店
  メインテーマは「役に立たない本あります。」。
  相変わらず文学書メインです(特集、小島信夫の予定)。
  文庫三冊500円てのも用意してるけど入るかしら?

K&K ケイアンドケイ 
  KKどうしが沈黙を破り復活!

黒猫まのああ くろねこまのああ
  哲学・芸術学・美学からコミックまで。上村一夫、黒鉄ヒロシ、ジョージ秋山、
  雑賀陽平、諸星義影(大二郎)初期単行本未収録作品掲載 COMなど。

ナインブックス 欠場 https://twitter.com/ninebooks 
  ジャズをメインに、音楽の本をそろえます!
  「駄目サラリーマンの本領発揮、驚愕のドタキャンにて今回は失礼します(本人談)」

蚊帳文庫 かやぶんこ https://twitter.com/kayabunko
  『あまちゃん』が終わり、なんとなく気が抜けたような日々です。
  何かおもしろいことないかなーなんて思っているところに、「天神一箱」。
  どうぞよろしくお願いいたします。
  「秋」「冬」「食」「山」「音楽」を意識して選書したものを持って行きます。
  ほとんど児童書になるかと思います。

ごたごた荘 
  アートとミュージックをテーマにマニアックな図録なども持って行きます!

あけてびっくりオニの箱
  小さい頃大好きだったお店やさんごっこ。本も大好きなので一箱古本市には興味ありました。
  前回はお客さんだったので店主もやってみたい!
  雑貨や料理、エッセイの中に?と思わせる本を、
  可愛いなかに変な本を楽しく紛れこませたいです。

古書柳 こしょやなぎ http://kanabaka.exblog.jp/
  今回も文芸、音楽、映画の本を中心に持って行きます。

ぼちぼちよあけ堂  
   https://twitter.com/oldbooks_yoake
    https://twitter.com/bochibochi40
  初の試み、ぼちぼち堂と古本よあけで一箱をシェアして出店いたします。
  どんな箱になるのやら、出店者も当日開店直前まで分からない! お楽しみに。

ペパリエ
  美術、デザイン系の本、雑誌を中心に、手作りの紙モノを出品致します。

古都書林 ことしょりん https://mobile.twitter.com/kotosyorin
  文芸/社会/美術/児童文学を中心に、
  2016年10月30日に京都市内に古書店開業を目指して、目下勉強中です。
  参加4回目となる今回は、
  東京オリンピック開催にちなんでスポーツの本を中心にお届けします。

ゆとぴあぶっくす
http://wtnbmgh.moo.jp/
  非実在古書店ゆとぴやぶっくすです。
  驢馬に乗って古本を売りに行きます。
  サブカルチャー系の小説や雑誌、漫画が中心です。


10月30日訂正
[PR]
by suirenndou | 2013-10-23 08:22 | 一箱古本市 | Comments(0)
第5回天神さんからおでかけ古本市助っ人さん募集
遅まきながら、
第5回天神さんからおでかけ古本市助っ人さん募集します

助っ人さんというのは、
天神一箱がお手本にしている
しのばずブックストリートで大活躍しているボランティアスタッフのことです。
開催告知のフライヤーを配ったり、
一箱古本市会場の設営と撤収・お客様の案内・店主さんのお世話
いろいろな関連イベントの設営撤収
とにかくいろいろです。無給です。
その「助っ人さん」を募集します。

第5回天神さんからおでかけ古本市でのお仕事は、
①9:00~10:00 朝の会場整備・店主さんの案内
②3:30~4:30 夕方の会場撤収・お茶会の準備

お客さんだけではちょっと物足りないけれど、
店主さんは大変かも・・・様子もわからんし・・・
けど、もうちょっと一箱古本市に参加してみたいな
と思っている方にはぴったりです。
事前準備は要りません。
当日重たい荷物を持ってこなくてよいのです。

今後、いろいろな企画も考えているので榊翆簾堂と番頭だけでは手も頭も足りません。
なんかやってみたろかな?という方お待ちしております。

お問合せ&御応募は
榊翆簾堂さかきすいれんどう
tenjin1hako★gmail.com
 (上記アドレスの★を@に変えてお送りください)
メールのタイトルを「助っ人さんの件」とし、
氏名・住所・メールアドレス・電話番号と
①か②のどちらを希望か明記の上、メールにて上記まで


    
        こちらからのGmail が迷惑メールに入ってしまうことがあるようです。
        二日経っても、こちらから返信のない場合はお手数ですが、
        当ブログコメント欄に、管理者にだけわかるようにして(鍵コメ)
        お問い合わせくださいませ。


[PR]
by suirenndou | 2013-10-22 10:28 | 一箱古本市 | Comments(0)
今日から・土曜日・日曜日・・・ 古本まみれ
a0236063_963925.gif
第5回古本フェス@FOLK ~京都の古本・大阪の陣~
2013年10月22日(火)~27日(日) 11~19時 会期中無休
@FOLK old book store

小言ほりべえ・ガケ書房((株)ひつまぶし、子子子家本店、古書コショコショ)
ぺるデュ書店・Libretto(リブレット)・世界文庫・きりりん堂・古書柳
古書善行堂・London Books・レティシア書房・平面
100000tアローントコ・OKABAR文庫・マヤルカ古書店・古書ダンデライオン

「かつて京都にあった古本カフェ・トリペルで開催していた「古本フェス」が、
大阪のFOLK old book storeで、復活!
トリペルのカレー&珈琲も味わえるそう。
「なるべく正直に話しなさい。 ガケ書房・山下店長にこの際聞きたい25のこと」
と題するトークショーは27日(日)19:00~20:00頃 (要予約)


a0236063_9224712.jpg
ふるほん日和番外編@ハトウィン
2013/10/26(土) 11:00〜16:00
小雨決行
鳩の街通り商店街(墨田区向島5丁目)

東京セドリーヌ・しのそのへ・古本 石英書房
熊さんfrom鮭ロック・RAINBOW BOOKS・古書ますく堂
榊翆簾堂・てまひま本・オバケダイガク・タマノイトウ

鳩の街商店街で開催のハトウィン
「ふるほん日和」の他にも、前回大好評だった「屋台sweetsストリート」、
漫才や寄席、ジャズライブ、紙しばいにスタンプラリー、
地方物産店などなどお楽しみいっぱい。
仮装をしてくると写真撮影のプレゼントも。
ふるほん日和も屋台をお借りして出店です。
榊翆簾堂は番頭が一人でがんばっていますので、
ひやかしに見に来てね。



ふるほん秋まつり開催中
10月15日(火)~11月3日(日)
9:30~22:00(最終日18:00まで)
恵文社バンビオ店
京都府長岡京市神足2-2-1
JR長岡京駅前バンビオ2番館2階

10/26(土) ブックパーリー那覇・一箱古本市(沖縄)
10/26(土) 宮ノ下さんぽ・森の読書室with一箱古本市(神奈川)

10/27(日) 第29回 大門玉手箱(奈良)
10/27(日) 一箱古本市@源法院(石川・金沢)
10/27(日) 秋田BookBoat・一箱古本市 
10/27(日) 文学フリーマーケット町田(東京) 


第3回「ユニテの古本市」秋の部を開催
10月31日(木)~11月10日(日)
午前11時半より午後7時まで
ブックカフェ&ギャラリーユニテ  ギャラリースペースにて

すごいね、ふるほん!
(敬称略にて失礼します)

[PR]
by suirenndou | 2013-10-22 10:06 | 本・古本屋 | Comments(0)
ゆかり文庫蔵書9 東京篇
a0236063_19131559.gif
似て非なる友について他三篇
プルタルコス著・柳沼重剛訳
岩波文庫
a0236063_19152235.gif
堕落論
坂口安吾
角川文庫
a0236063_19165231.gif
吉井勇歌集
吉井勇自選
岩波文庫

東京 黒猫リベルタン文庫
店主は、近代詩伝道師Pippoさん
榊翆簾堂・番頭はポエトリーカフェに夢中。


[PR]
by suirenndou | 2013-10-22 00:51 | 一箱古本市 | Comments(0)
ゆかり文庫蔵書8 東京篇
a0236063_1761328.gif
風に吹かれて
五木寛之
集英社文庫
a0236063_1773151.gif
戦中・戦後気侭画帳
武井武雄
ちくま文芸文庫
a0236063_179143.gif
本当のような話
吉田健一
集英社文庫

東京雑司が谷・旅猫雑貨店


[PR]
by suirenndou | 2013-10-21 22:00 | 一箱古本市 | Comments(0)
ゆかり文庫蔵書7 東京篇
a0236063_1653665.gif
落城記
野呂邦暢
文春文庫
a0236063_16532696.gif
とむらい機関車
大阪圭吉
創元推理文庫
a0236063_16534389.gif
黒いハンカチ
小沼丹
創元推理文庫

東京西荻窪・盛林堂書房

[PR]
by suirenndou | 2013-10-21 17:04 | 一箱古本市 | Comments(0)


カテゴリ
最新の記事
ブログパーツ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル