おやつと猫と、そして本
by suirenndou
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

第12回 天神さんで一箱古本市


好天に恵まれ
無事終了いたしました
ありがとうございました




絵本とりんごのWSもやります!
先日、リビング京都南西版にその活動が、ばーーーーーーんと掲載された
長岡京家庭科部によるワークショップが
天神さんで一箱古本市とともに開催です!

11月26日(土)
古本市とりんご市と
りんごつながりの絵本とワークショップ

りんごのおはなしを聞いて、焼きりんごを作ります。


長岡京家庭科部のこと→こちら
ばーーーんとでた記事→こちら


大人気の長岡京家庭科部
じつは、
11月27日(日)にも、別バージョンの絵本とりんごのWS開催→こちら
 参加ご希望の方は、ダッシュでお申し込みを!


もひとつ別の顔も、


長岡京家庭科部は、Café spoonでもあるのです。
かふぇすぷーん名義のときは、
花子会館(京都・長岡天満宮境内)にて、限定30食のランチを作っています。
もうこれが、厨房におじゃましてビックリ!!!
こんなによい食材・調味料つかってワンプレート¥1000て!
いかに数字に暗い翆簾堂とてわかります。
お手ごろなカフェランチとあなどることなかれ。

よく農家が出荷用とは別に、自家用を栽培する話をききますが、
SPOONランチ=まさに商売じゃなく自家用。
ここでいう自家用とは、
家族の健康・安全を考え、心を込め、愛情をそそいで作るおいしいごはんの意。
ことさら無農薬・有機肥料・オーガニック・健康・安全とこれ見よがしに明記してあるわけではありません。

「食べたらわかる!」
そう、おいしいのです。’
地味なんだけど。まちがえました。「慈味」です。
じわーーーっと、素材の味。濃すぎない味付け。食感。
翆簾堂少々熱くなりすぎました。ごちゃごちゃと。



花子会館の人気ランチは→こちら
 ’営業日をお確かめの上、おでかけください。(本文中敬称略)



11月26日(土)は天神さんで一箱古本市も、よろしくです! 
[PR]
# by suirenndou | 2011-11-09 17:24 | 一箱古本市 | Comments(0)
恐れ多くも
嗚呼ドキドキする。
自分でも信じられない。
いまだもって、心臓ばくばく、膝がくがくデアリマス。


なんと、
天神さんで一箱古本市に、
あの古本ソムリエ
山本善行氏の「箱」が登場
するのです!!!!!

古本好きで、知らない人はいないでしょう。
現在、京都銀閣寺の近くで「古書善行堂」御主人として益々ご活躍の善行氏。
モノを知らんというのはホンマにコワイことでございます。
恐れ多くも、無鉄砲にも、天神さんで一箱古本市を広めたい一心で
なんの後ろ盾もないまま、ご挨拶にお伺いしたところ、
(まさにアポなし突撃訪問といった体)

「へぇぇぇぇ~。やりとうてやるの?!おもしろいな~。応援するよ。ほな、景気づけに
善行堂から一箱出そか?

と、その場でお申し出いただき、
嬉しいやら驚くやらで、もうどうしてよいかわからず、あわあわしたまま・・・
(大変に礼を欠いた話であることは、百も千も万も承知)

日が経つにつれ、ことの重大さに押しつぶされそうになり、
こんな大ニュース発表したら、
「みんなビビって、箱主申し込みできひんのちがうやろか?」
と、猛烈にいらん心配をする翠簾堂。
一番ビビってるのは、自分自身。

ようやく腹を括って、ここに発表いたします。

箱の中身は、セレクト中とのこと。
一体、どんな本が飛び出すのやら。
それぞれ一箱づつ出店の翠簾堂と番頭ですが、
自分の箱より、「善行堂」箱が気になるのは、当然過ぎるほど当然のことなのだ。
[PR]
# by suirenndou | 2011-11-07 19:07 | 一箱古本市 | Comments(0)
りんご市もやります!
11月26日(土)は
天神さんで一箱古本市ちいさなりんご市


りんご市って。
翠簾堂がどーーーしてもりんごたくさん並べたい
だけなんですけど。。。
信州・駒ヶ根の善積農園さんのりんごがやってきます。
100パーセントのりんごジュースも。りんごジャムも並びます。


古本かかえて、陽だまりのベンチに座り、
頁をめくりつつ、りんごをがぶり。
まるかじりできるりんごです。


焼りんごワークショップもやります
花子会館でおいしいランチを作るカフェスプーンさんでもあり、
天神市でもWSをされている長岡京家庭科部さんが担当です。
焼きリンゴのWSをします。
っていうか、WSっていうより、
リンゴを買ってもらう→自分でくりぬいてみる→焼いたのを食べる
という・・・ものすごくシンプルなプランです。

森の中で焼きリンゴ!!!



善積農園HPは→こちら

善積農園についての翠簾堂の暑苦しい想いは→こちらこちら


11月23日追記
[PR]
# by suirenndou | 2011-11-02 17:29 | 一箱古本市 | Comments(1)
信州高遠 「古本アパートメント」 撤収
9月から始まった高遠「週末本の町」
10月30日をもって終了。
榊翠簾堂の実店舗(?!)だった「古本アパートメント」もこれをもって無事終了。


思えば不用意な自分の発言が招いた榊翠簾堂の立ち上げ。
天神さんで一箱古本市開催を決める。というか、決めさせられる。
そこから、生活が一新された。
高遠「古本アパートメント」出店。
8月半ばから、やたらに古本屋へ通い、ゆっくり本を読む暇もない。
台風や毎回の渋滞にもめげず高遠へ通い、
御本家不忍ブックストリートの一箱古本市で助っ人したその足で
京都へ行き、
連日およそしたことのない、挨拶まわり&ポスター・チラシ設置のお願い行脚。
(人から飛び込み営業といわれて、気がついた。自覚なし。かなりイッチャッテル!)
会う人会う人みんなが応援してくれて、
天神さんで一箱古本市やれそう!!!とおおいに気をよくして帰京。


高遠最終週。
最後の一日だけで、みかん箱一箱分もよその棚から買ってしまった。
金額にして、ほぼ2か月分の翠簾堂の売上と同じ。
ハタからみたら、「なにやってんの?」
でしょうね。自分でも思うもの。
おかげで店主・番頭ともに大きなリュックを背負い、
店主は大きなかばん、番頭はダンボール4箱をキャリーにくくりつけ
まるで行商の人のようになり家路に着く羽目になった。
(そもそも、ちっとも出した本が売れてないって話)


けどけど、この高遠なしでは今日のありようは考えられない。
いろんな催しに参加させていただき、
普段のてれんこヒマ主婦生活では一生接点がなかったであろう方々に出会い、
話が聞け、一緒に考え、たのしいことしたよろこびを、
今度はすこしお膳立てする側になって、また楽しみたい。


本の町のみなさま。
何も知らない我々を手取り足取り導いてくださいまして
本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
[PR]
# by suirenndou | 2011-10-30 18:01 | 本・古本屋 | Comments(2)
チラシ・ポスター設置店リストです
チラシ・ ポスターを設置させていただきました皆さま、
本当にありがとうございます。(順不同、敬称略)

<長岡京市>
Unir、おとくに設計、CAFE KatemaoCafe GrampaCafe KOBA
ガジュマル、恵文社バンビオ店、CONA、SOPO、多貝酒店、Days、東京舎、長岡京市立総合交流センター市民活動サポートセンター(バンビオ1号館)、
長岡京市立図書館、秤屋、ひがしや、フラワーガーデンはなこ、ブランミュール
フルール、古本ヨドニカ文庫、ヘアーサロン別所、mon coeurROSSO

<大山崎>
Cafe TabiTabiRelishレストラン タガミ

<向日市>
一来一来、やきとり竿

<京都市>
ありの文庫ガケ書房KARAIMO BOOKSきみ家恵文社一乗寺店
古書善行堂古書ダンデライオンこせちゃ三月書房100000t書肆砂の書
竹と木の店ばんてら田中美穂植物店コーヒショップ、のん亭、萩書房
町屋古本はんのきメリーゴーランド京都店



天神さんで一箱古本市を応援してくださっている方々 及び、一箱店主さんへ


ポスター(控えめなA4サイズ)とチラシは、
フラワーガーデンはなこさん(長岡天満宮境内)にあります。
一箱古本市へ、たくさんのお客様にお越しいただけますよう、
お友達、お知り合いにどんどん宣伝よろしくお願いいたします。
「お店にポスター貼ったろう!」
「チラシ置いたろう!」のお申し出、心より歓迎いたします。
[PR]
# by suirenndou | 2011-10-27 19:21 | 一箱古本市 | Comments(0)


カテゴリ
最新の記事
ブログパーツ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル