おやつと猫と、そして本
by suirenndou
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

第13回 天神さんで一箱古本市


終了いたしました



天気の悪いなかお越しいただいたみなさま
ありがとうございます

タミロック!
今夜です!
またまた京都・100000t発のすさまじい企画

12月8日12月8日(木)
『 タミロック 』 大忘年会!!!
大忘年会、かまします。
その心は、大忘年会という名のタミロック。
東のフジロック、西のタミロック。
どなたでも、ご自由に参加してください。
会場が広いので、気軽に出入りできますよ。
内容のまとまりのなさが凄まじいです。ほとんど学園祭です。

あと、タミロックでは、
タミロック来たついでにちょっと出店する式で、当日出店者の方も募っています。
手荷物ていどの即席物販なら自由にしてくださって結構です。
陣取る場所も適当な感じで。ただし要入場料。


a0236063_20545889.gif



100000t大忘年会 ~タミロック2011~

12月8日(木) 22:00~翌5:00
@居酒屋「和民」河原町店 (河原町蛸薬師東側ビル6F)

入場料 1500円 (2ドリンク&えだまめ・えびチップスほかエンドレス軽食付き)


ライブ :

Drakskip
frosch
久保田健司 (震える舌)
浜谷俊輔
龍泪
原清華
久野昆布 (アレクサンダース)
odd eyes
goro's session
モガブティック◆スパンコール
畑庫治
トマト鍋(ザッハトルテ・都丸さんとドレクスキップ・渡辺さんのデュオ))

DJ :

大石勇介
大西将浩
dj colaboy
松本伸哉
野田晋平
DJエスレコ
井上和洋

出店 :

むんと食堂
カレー屋台村 山ねこ
ただ、ここ
おでんどんづまり
鉄球
100000t
伊東ちひろ
ナンバーエイト
cartoon
古本・在野
Books Subbacultcha
+タミロック来たついでにちょっと出店する式の人たち。


落語 : 悶亭乳尊

詩の展示:ジョージマリエ

写真の展示:松川さくら

手相見 : 原清華

人生相談 : 鴨川相談所

茶番劇 (予定) : ナワシロケンシ

MC : 藤沢ゆきまさ

12月5日の100000tHPより
多分もっと出店者は増えているはず。
怖いもん見たさな感あり。
すごいね。
ワタミでfood出店て、ドラムセットOKて、店長MCて。
おやおや、天神一箱組までご参加です。
行きたし!!!
[PR]
# by suirenndou | 2011-12-08 17:46 | 京都 | Comments(0)
第一回天神さんで一箱古本市リンク集
a0236063_1532462.jpg

主催者がぐずぐずしている間に、
ご来場のお客様、出店いただいた店主さんたちが
「天神さんで一箱古本市」について、書いてくださいました。(順不同・敬称略)

ありの文庫
 http://arinobm.blog102.fc2.com/blog-entry-323.html

矩計日記
 http://kanabaka.exblog.jp/15011773/

sunotakara
 http://sunotakara.jimdo.com/

ちのり文庫
 http://www.chinoribunko.com/?p=286

手作り雑貨 zakka3355
 http://www.zakka3355.com

長岡京市総合交流センター市民活動サポートセンター・団体さんの活動情報
 http://blog.livedoor.jp/siminsup/archives/53220373.html

はなめがね本舗
 http://machiyakosyohannoki.blog114.fc2.com/blog-entry-329.html


「私も書いたよ。載せてもいいよ。」な方は、どうぞ榊翆蓮堂まで御一報ください。
冒頭写真=ちのり文庫さんより
[PR]
# by suirenndou | 2011-12-07 13:56 | 一箱古本市 | Comments(0)
第一回天神さんで一箱古本市 顛末記その2
当日は、とにかくバタバタだった。
朝7時に、開催するかしないかをブログにUPしないといけないのに、
パソコンが壊れた。正確には、液晶がだめになった。
携帯から初めて送らねばならないのだが、もたもたして時間がかかる。
なんだかイヤな汗をかきかき、どうにか送信までこぎつけたと思ったのに、
どこへいったのやら?
また最初からやり直して
6:45 開催告知UP!いよいよだ。青い空。

10時までに、自分の箱を作ってりんご市も店作りせねば。
りんご市は、商品のディスプレイにかけてはプロの花屋たまちゃんと
元花屋であり現服屋のえっちゃんにお任せ。
はなこさんからもいろいろ備品を借りて、着々と進む。

9:30 大鳥居石段下にM先生。図書館側の池の端に弟を、道案内役配備。

箱作りしながら、続々と電話が入る。
長らく会っていない旧友たちから、応援の熱い言葉を頂戴する。
「ありがとう。ありがとう」感謝。
あっち呼ばれこっち呼ばれして時間が過ぎ、文庫は投げ入れになってしまったが、
どうにか入れるだけは入れて、10時に。

あれれ・・・?
10時には受付前に行列の予想がはずれ、
古書柳さんがみえた後、しーーーーん。
一箱古本市のスタートは、店主さん全員揃って場所取りジャンケンで威勢良く!
できなかった。
10:30になっても半分も集まらないので、なんだかじりじりしてしまった翠簾堂。
場所取りは、早く来たもの順に変更。
好きな場所で、箱を作っていただくことに。
いきあたりばったりというか、ゆるゆるなのである。

11:00まだ半分くらい、店出し中。けれど、「開店でーーーす!」宣言。
おやおや、お客様がいらっしゃるではないですか。
長岡京では初めての催しだし、
一箱古本市そのものが関西ではあまり知られていないようだし、
自分では全然思うように宣伝できなかったな~と思っていたので
スタート時にお客様がいらっしゃるとは、本当にうれしい誤算だった。
たくさんの方のブログやHP・twitter のおかげだろうか?
はたまた口コミ?

a0236063_1984461.jpg
りんご市には、親子連れが並んでいる。
焼りんごワークショップに来てくれた様子。
あとから聞いた話では、
子どものためのWSなので、芯をくりぬくのに力が入るよう
横真っ二つに切ったら「わーーーーーっ」
と、見ていた親子皆から歓声があがったそう。
蜜の入り方が、花びらのようで。
生でかじるのも、切って食べるのも、横半分にはふつう切らないですよね。
長岡京家庭科部さんナイスでした!

10個まとめてご購入の方までいらして、
100個のりんごは早々に完売。
たくさんのりんごを並べたくて、
たっぷり善積りんごの薀蓄語りながら
ひとつづつ手渡しで売りたかった私の夢は叶わなかった。
触ることさえできなかった。
おやつにみんなにお配りするなんて、夢のまた夢。
全然足りなかった。
前日、りんごが花子会館に届いたとき、
「りんごが10箱くらいは、届くと思った。えっ?!こんだけ?2箱?!」
とはなこさん。
えーえー、ちっさい人間ですよ。アタシは。
来年は、どーんといきますよ。どーーーーーんと!

完売といえば、CONAさんのケーキの早かったこと。
ちらりとも見ていない人が多かったのでは?
だから、「はやくはやく買いに行って」と言うたでしょ。
番号つきのムーミンを手に入れられたかたは、相当ラッキー♪
いや、りんごケーキの方が季節限定でレアだった?


各店主さんから事前に伺っていたので、
或る程度箱の内容はわかっていたのだが、
みごとにそれは重ならず、バラバラで
店主さんのいでたち・風貌・本のセレクト・見せ方多種多様。

主催者とはそういうものなのか?
ちっとも自分の箱の店番できず、りんごも売れず、
いったい何をしていたのだろう?
なんだか呼ばれ呼ばれているうちに、終了時間。

半分も見られなかった。
なになに?手描きポップ?おみくじ?指令書?手製栞のおまけ?
本周辺のたのしい仕掛けがいろいろあったのだ。
受付のときにしか話せなかった店主さんがいた。
大変申し訳なく、ほんとうに残念に思っております。

店主さんは、みな全部の箱を見ることができたのでしょうか?
お客様ともゆっくり本のお話ができて、
一人参加の店主さんも、自分の箱の店番だけでなく
他の箱を見られるような古本市でありたいと思っています。
店主は何処。空のイスだけぽつーん。て。
のどかな、長岡天満宮。

足をお運びくださいましたお客様。
ご参加いただいた店主さん、関係者のみなさま本当にありがとうございました。
主催者の想像をはるかに超えた盛況で、
「次はいつ?」のお声に背を押され、早々に
第2回天神さんで一箱古本市開催決定です。
5月27日日曜日
[PR]
# by suirenndou | 2011-12-04 18:45 | 一箱古本市 | Comments(8)
第一回天神さんで一箱古本市 顛末記その1
a0236063_16113152.jpg
第一回天神さんで一箱古本市
あの楽しい日から、もう一週間が経ちました。
早いですね。

榊翆簾堂、京都でのあれこれを終え、ようやく千葉BASEに戻ってまいりました。
これから、パソコンに齧りついて顛末記を綴ります。
(主催者の報告が、一番ベッタコってどないやねんっ!)
長岡天満宮までお運びいただいたお客様・店主さんほか、
いろいろな方々が、天神さんで一箱古本市について
報告・感想を書いてくださいました。
連絡差し上げ、OK取れ次第榊翆簾堂blog に掲載させていただきます。

まずは、お写真いっぱいの
長岡京市総合交流センター市民活動サポートセンター
団体さんの活動情報の記事→こちら


報告が遅れましたが、
「天神さんで一箱古本市」という名前で、市民活動センターに登録しています。
はなこさんは、「長岡勝手に応援隊」
絵本と焼きりんごWSのおねえさんは、「長岡京家庭科部」
合言葉は、
みんなで長岡京市を楽しくしよう!
みんなで長岡京市であそぼうよ!

しずかにミッション遂行中。



何度も何度も何度も宣伝してくださり、
店主さんとしても、変名でご参加くださった
ありの文庫さんも、書いてくださいました。→こちら


↑このおおきな木の幹をここに貼り付けたいのだけど、持ってこられない。
どうやるのかな?
ほかにもやらなきゃいけないことが山ほどあるのに、
twitterのパスワードを忘れて変更するだけのことに
おそろしく時間を割いてしまった。
そして、見たい人のつぶやきは見られるけど、
どうやっったら自分がそのつぶやきに口をはさめるのかがわからない。
あーあ。。。
[PR]
# by suirenndou | 2011-12-02 15:54 | 一箱古本市 | Comments(0)
今日も今日とて、天神さん


今日は天神市
会場は、昨日とおなじ。
長岡天満宮境内の花子前広場&花子会館

外はお店。
中はいろいろなお稽古。詳しくは→こちら
[PR]
# by suirenndou | 2011-11-27 10:36 | 京都 | Comments(0)


カテゴリ
最新の記事
ブログパーツ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル