おやつと猫と、そして本
by suirenndou
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

第13回 天神さんで一箱古本市


終了いたしました



天気の悪いなかお越しいただいたみなさま
ありがとうございます

みどりの小鳥のいるところ13
a0236063_00561038.gif
「天神さんの参道で会いませう」を置いていただいてるところ。
感謝しつつ、敬称略・順不同にて失礼申し上げます。

長岡京市
恵文社バンビオ店、ヨドニカ文庫、CAFE koba、Antiquus days
CAFE KATEMAO、画燈樹、秤屋、純喫茶フルール

京都
恵文社一乗寺店、古書善行堂、レティシア書房、萩書房
ホホホ座1・2階、100000tアローントコ、こせちゃ、りてん堂、nowaki
カライモブックス、マヤルカ古書店、月と六ペンス、croixille、三月書房
ヨゾラ舎、UNITE、町家古本はんのき、狂言屋、ミシマ社の本屋さん、誠光社
Ital Gabon、London BOOKS、ヒトノホン

大阪
長谷川書店、本は人生のおやつです!!、一色文庫、居留守文庫
みつばち古書部、(本)ぽんぽんぽんホホホ座交野店
FOLK old book store、尚文堂書店、楠書店
KEATS AND COMPANY、ココアル

兵庫
ワールドエンズガーデン、honeycombBOOKS*、1003
うみねこ堂書林、エメラルドブックス、みみみ堂
おひさまゆうびん舎、Quiet Holiday

滋賀
半月舎、あいたくて書房、ちゃたさん

奈良
とほん

三重
cafeめがね書房、古本屋ぽらん、古書 kalasbooks

岐阜
徒然舎

静岡
水曜文庫、雑貨とカフェ ロバギター


絶賛お願い行脚中!
恵文社バンビオ店・一乗寺店、古書善行堂、レティシア書房、ホホホ座各店には
たくさん置いていただいてます
「うちも置いていいよ」はどうぞご遠慮なく御一報を!
特急でうかがいます!!!



[PR]
# by suirenndou | 2017-10-31 01:03 | 一箱古本市 | Comments(0)
第13回 天神さんで一箱古本市、店主さん募集は10月10日から
第13回天神さんで一箱古本市
2017年11月18日(土)
10:00~16:00
長岡天満宮 (京都府長岡京市)


参道で左右に15箱づつ、向かい合っての出店です

雨天の場合 開田自治会館 (京都府長岡京市)


       ***** 店主さん募集します ******

             店主さん満箱につき、募集締め切りました
                御応募ありがとうございました
                
  10月11日(水)記
               

店主さん募集開始は、10月10日(火)から
 一箱古本市は、東京の谷中・根津・千駄木=しのばずで始まりました。
当一箱古本市も、しのばずブックストリートの一箱古本市に倣っています。
プロ、アマ、年齢、性別は問いません。
「一箱の宇宙を楽しむ」「一箱の世界で遊ぶ」というコンセプトで、
一箱の中に、古本や紙モノほかいろんな思いを詰めて、
一日、古本屋さんごっこをするイベントです。
(未成年者は、保護者同伴で出店してください)

本のほか、紙モノ・CD・DVDの販売もOKです。
ただし、本以外は全体の三分の一に。
食品は不可です。

本の冊数は、一箱に収まる範囲を上限とします。
補充分は、お持ちいただいてもかまいませんが、箱の下か後ろに置いてください。
開催中、ほかの人の邪魔にならないようにしてください。

ご応募の前に
【重要】
 ●屋根の無い屋外での開催です
 ●椅子、机、敷物などの貸し出しはありません
 ●砂利の上での店開きです。座布団、簡易いすなどのご用意を
 ●雨天の場合
  長岡京市・開田自治会館にて開催します

  当日朝7時までに、榊翆簾堂Blog、Twitterで発表します
    ※机、一店一脚椅子貸し出しあります
 ●箱の大きさはだいたい50cm 四方、人が一人で持てる大きさ
  箱やかごの素材は紙でも、布でも、木でも、鉄でも、プラスチックでもなんでもOK
 ●不用品処分ではなく、大事に読んだ本を次の読者に手渡す古本屋さんごっこで
みんなでワイワイ、がやがや、楽しみましょう。
ご応募お待ちしております。
わからない点がございましたら榊翆簾堂へお問い合わせください。 


【募集箱数】  30箱 

         ※会場の都合により、今回追加募集はありません。為念。
【参加費】  700円(当日朝、受付時お支払いいただきます、りんご1こつき)
【応募方法】  タイトルを、天神一箱13として
       下記の応募要項1~9を記入して、       
        tenjin1hako★gmail.com
         まで、お送りください。
       (上記アドレスの★を@に変えてお送りください)
     こちらからのGmail が迷惑メールに入ってしまうことがあるようです。
     二日経っても、こちらから返信のない場合はお手数ですが、
        当ブログコメント欄に、管理者にだけわかるようにして(鍵コメ)
        お問い合わせくださいませ。
        

【応募要項】
メールのタイトルは天神一箱13
1 氏名 ふりがな
2 屋号 ふりがな(屋号は、必ずつけてください。気分がたかまります!)
3 郵便番号と住所
4 電話番号(当日連絡のつく番号)
5 メールアドレス(こちらからの返信メールが受け取れるように設定してください)
6 参加人数(予定で)
7 どんな品揃えにするか箱のテーマとPRのメッセージ(必須200字以内)
8 ご自分のサイト・blog・facebookなどがあれば、ひとつご記入ください。(WEB上で紹介します)
9 一箱古本市終了後、長岡天満宮境内のお店にて、ちいさなお茶会を開きます。
  参加の有無・参加であれば人数
   各賞発表・表彰式を行います。
   16:30~17:30
   参加費無料 (ドリンク1オーダー別途必要)
   どうぞ、ふるってご参加ください。
    
 【問い合わせ先】
  天神さんで一箱古本市主宰
   榊翆簾堂(さかきすいれんどう)
    tenjin1hako★gmail.com (★を@に変えてください)



[PR]
# by suirenndou | 2017-10-15 06:58 | 一箱古本市 | Comments(0)
仏教大学の一箱古本市の案内が届きました。
9月も半分が過ぎ、あちらこちらで本のイベントがおこなわれています。
仏教大学「鷹陵祭」での一箱古本市の案内が届きました。
建物内での開催ですので、雨の心配もなく決行です!
店主さんにどんどんご応募ください。
ご応募・問い合わせは、直接仏大古本事務局へお願いします。  
  butsudai_furuhon★yahoo.co.jp  ★を@にかえてください



「学園祭で一箱古本市」のご案内

5月の「天神さんで一箱古本市」終了後の茶話会でご案内のとおり、
佛教大学(京都市北区)の学園祭「鷹陵祭」で下記のとおり一箱古本市を開催します。
ただいま、店主さんを募集しています(先着10組)。
すでに「天神さん」ご参加の数組からお申し込みいただいております。何卒よろしくお願いいたします。



日時:平成29年11月5日(日)午前10時~午後3時
場所:佛教大学紫野キャンパス 1号館1階エントランスホール(屋内)
   ※京都市営地下鉄「北大路駅」からバス10分
参加費:無料
出品:本をメインに、CDも可。周りに迷惑にならない程度の箱に納めてください。

*今回で5回目。前回(昨年)は9組にご参加いただきました。
*一箱古本市は昨年に引き続き、佛教大学の「古本募金」と同時開催します。
「古本募金」は学内教職員から提供された古本(昨年参考:約760点)を販売し、
 売上金を大学の「未来支援寄付金」に寄付します。
 一箱古本市に参加、不参加問わず、是非古本をご購入ください。
なお、一箱古本市の売り上げは上記と関係ありません。もちろん店主さん個人の売り上げです。

お申し込み先・お問い合わせ先
 butsudai_furuhon★yahoo.co.jp  ★を@にかえてください



[PR]
# by suirenndou | 2017-09-18 23:32 | 一箱古本市 | Comments(0)
【函館】まるまるたまたま玉手箱
榊翆簾堂出店でーーーす!
函館のみなさま宜しくお願いしまーす!!!
a0236063_23393889.jpg


[PR]
# by suirenndou | 2017-08-23 23:43 | Comments(0)
小田原ブックマーケット
第4回小田原ブックマーケット
2017年6月17日

a0236063_14191544.jpg
遅いお昼を食べた後、
暑さと疲れがどっと出た
「コーヒー飲みたいねぇ」
お濠のそばにとてもながめのよいデザートのお店があるみたいとのこと
そこはこの素敵な珈琲店の2階だったらしい
2階には上がらず、このちいさなちいさな店の客となった
濃いコーヒーは、きりりとおいしく
店主さんの話は、とてもおもしろかった

あとから聞いたところによると、小田原の論客が集うところだと
そう教えてくれた人は、入ったことがまだないんだって

コーヒーとよい眺めと楽しい会話で復活後、もうひとまわり
古本市会場へ戻る

a0236063_14192259.jpg
海辺の町小田原に来て、うまい肴で一杯やらずに帰れない番頭
それならと、古本めぐりをしながら目星をつけていたところへ行ってみよう
こういうときの冴えは、我ながら驚く
今宵も大当たり
魚も酒も、器もいい
a0236063_14192416.jpg
カマ焼きの立派なこと
切り身3つ分くらいあった

a0236063_14192797.jpg
小ぶりの茶碗で、〆の中華そば
よいお出汁


a0236063_14193082.jpg
こんなに堪能して、まだ暮れきっていない初夏の宵

本の話はこれっぽっちも出てこない
小田原ブックマーケットたべもの記
おしまい


[PR]
# by suirenndou | 2017-06-24 14:13 | ごはん | Comments(0)


カテゴリ
最新の記事
ブログパーツ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル